肌タイプの見分け方

人によってそれぞれ違う肌質は、大きく4つに分けられます。

今回は、その分け方の基準となる2つの軸を見ていきましょう。

肌質を決める2つの軸

肌質を決めるのは、「水分量」と「皮脂量」です。この2つを縦軸と横軸にして考えると、分類がしやすくなります。

縦軸:水分量

まず縦軸の水分量ですが、角層の水分量が多い肌・少ない肌で分類することができます。

感覚的には、肌がしっとりしているか、カサカサしているかです。

  • 水分量が多い→キメが細かく、良好
  • 水分量が少ない→バリア機能の低下、肌トラブルの原因になりやすい

横軸:皮脂量

次に横軸の皮脂量ですが、皮膚の表面に分泌される皮脂の量が多い肌・少ない肌で分類することができます。

感覚的には、肌がサラサラしているか、ベトベトしているかです。

  • 皮脂量が少ない→かさつき、乾燥によるシワなどのトラブル
  • 皮脂量が多い→皮脂過剰による、ニキビや化粧崩れなどのトラブル

2軸を使った4タイプの肌質

この2軸を用いて、肌質は大きく4つに分けることができます。

潤い変化肌

皮脂量が少なめで水分量が多い肌質です。キメが整い、角質に水分が保持されている肌です。肌の質としては比較的いい状況です。

しかし、季節や環境によっては脂っぽくなったりかさついたりしますので、毎日のケアは大切にしましょう。

潤いベタつき肌

皮脂量も水分量も多く、テカテカしがちな肌です。キメが整っており、角質に水分が保持されているいい状態ではありますが、過度な皮脂によるベタつきや毛穴の開きが目立つことも。

また、毛穴のつまりが原因でニキビや吹き出物などのトラブルも多くなりがちです。余分な皮脂を落とすことを意識したスキンケアが重要になります。

かさつき荒れ肌

皮脂量と水分量共に不足している肌です。

周囲から見るとカサカサしていて、老けて見られがちになってしまいます。

また、肌のバリア機能が弱く、様々なトラブルを抱えやすい肌質とも言えます。季節や時間帯に関係なく、保湿を意識したスキンケアが重要となります。

皮脂の分泌が少ないため毛穴は小さく目立ちません。

脂かさつき肌

顔の部位によって皮脂量や水分量が異なる、混合肌タイプです。

おでこ周りは皮脂量が多くてテカテカしているのに、アゴ周りはなんだかカサついてしまっている、というような肌のことです。

ベタつきが原因でニキビや吹き出物に悩まされつつ、髭剃りなどの影響で頬やアゴが赤く荒れてしまったりします。

なお、日本人はこのタイプの肌質の人が多く、脂カサつき肌向けのスキンケア商品は比較的多く発売されています。

基本的には潤い不足であることが多いため、保湿を十分にすることが重要です。

参考:肌タイプ分類早見表


関連記事


男性スキンケア人気ランキング


おすすめ記事

カテゴリー