シワができる原因と対策について

加齢と共に気になってくるシワですが、若い人でもおでこや目元のシワに悩んている方は多いと思います。

そもそも、シワがなぜできるのか知っている方は少ないのではないでしょうか?

今回は、シワができる原因や種類について解説し、タイプ別に効果的な対策をご紹介します。

シワができる原因

そもそもシワができてしまう大きな原因は、加齢によって肌の水分量が減少し、肌の弾力が低下することです。

ある程度は仕方のないことですが、ケアをすれば進行を遅らせることができたり、シワを改善することができます。

しかし、実はシワの原因は水分量の低下でハリがなくなることだけではありません。原因によって、シワはいくつかの種類に分類することができます。以下で見ていきましょう。

シワの3つの種類

シワはその原因やできる部位によって、大きく分けて

  • 表皮ジワ
  • 真皮ジワ
  • 表情ジワ

の3つに分けられます。それぞれの違いを見ていきましょう。

表皮ジワ

表皮ジワは目尻や口元にできるシワのことを指します。浅く細かいシワが特徴です。

表皮ジワの原因は主に肌の乾燥です。保湿不足や冬の空気の乾燥によって肌表面の水分が不足し、皮膚に溝ができて出現します。

女性であればメイクがヨレたりして気付くようですが、男性の場合はうっすらと白いシワのようになって見えることが多いですね。パッと見で少し老けた印象を与えてしまいます。皮膚が薄くよく動かす場所にできやすいです。

真皮ジワ

真皮ジワは下まぶたやほうれい線などにできる、深くて大きなシワを指します。

こちらは肌の乾燥も1つの原因ではありますが、皮膚のたるみによって目立ってしまっています。このシワが深いとかなり老けて見られてしまうため、対策は必須です。

真皮ジワができる原因は、肌の老化によりハリや弾力を生む繊維芽細胞が劣化することです。

繊維芽細胞は、加齢や紫外線ダメージの蓄積で劣化します。

また、男性に限らずではありますが、ランニングが趣味の方は真皮ジワができやすい傾向にあります。これは、ランニングの接地時に肌に重力がかかり、下に伸びてしまうことによってシワができやすくなってしまうからです。ランナーの方は紫外線を浴びる量も一般人より多いため、真皮ジワ対策には人一倍気を使わなくてはいけません。

表情ジワ

最後に表情ジワです。表情ジワはその名の通り、笑ったり怒ったりして表情を変えた時に見えるシワのことを指します。眉間のシワ、おでこのシワ、鼻筋のシワなどなど、人によって出現する部位はさまざまです。

表情は表情筋という筋肉を使って表現されていますが、この表情筋を過度に使うことで筋肉が強張った状態になると、それが「クセ」として定着し、やがてシワになっていきます。

目を見開く時におでこにシワが寄ってしまう人や、常に眩しそうに眉間にシワを寄せている人などは表情ジワが目立つようになっていきます。このシワは歳を重ねるごとに深くなりがちですが、クセの強い人は若くても深いシワになってしまいます。

それぞれのシワに対する効果的な対策

皆さんの気になるシワのタイプはどれだったでしょうか?

加齢によるシワはもちろん、若くても表情ジワで悩んでいる方もいらっしゃると思います。では、それぞれのタイプに応じた対策を見ていきましょう。

表皮ジワへの対策

表皮ジワは肌の乾燥が主な原因ですので、保湿ケアをすることが最優先の対策になります。

空気が乾燥しやすい冬場はもちろんですが、夏場でもエアコンの効いた涼しい部屋にいると、インナードライといって肌の内側が乾燥している状態になってしまいます。そのため、夏場でも保湿は非常に大切なスキンケアです。

保湿を重視する上で、水分不足の肌に潤いを与える高保湿成分が入っている商品を選んだ方がいいでしょう。代表的な高保湿成分として有名なのは、

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

です。これらが配合されている保湿クリーム・ジェルを使うと効率的に保湿できます。洗顔後は必ず保湿をするようにしましょう。また、洗顔から時間を置かずに保湿ケアをすることも非常に大切です。肌が温まっている状態でケアをすることでより保湿成分が浸透していきます。

真皮ジワへの対策

真皮ジワはなかなか手強い相手ですが、加齢や紫外線ダメージによって不足した繊維芽細胞の生成を促す成分をプラスしてあげることで改善されていきます。

繊維芽細胞の生成を促す成分のうち、代表的なものは以下です。

  • レチノール
  • ナイアシンアミド(ニコチン酸アミド)
  • ビタミンC誘導体

これらの成分が配合されたものを選んで使用すると、真皮ジワの改善に効果があるでしょう。女性用の化粧品では表示されていることが多いですが、男性化粧品では「エイジングケア」という表記がある化粧品に含まれていることがありますので、是非チェックしてみてください。

特に美容液やクリームのような油分の多いものには高配合されていることが多いです。

表情ジワへの対策

表情ジワの対策は、単純に表情のクセを直すことが改善の第一歩になります。

すぐに顔を顰めてしまったり、目を見開く時におでこを上げてしまったりというクセを意識して生活するようにしましょう。

また、表情筋を鍛えることでこれらのクセを改善することに繋がることがあります。以下の表情筋を鍛えると、クセ改善に繋がりやすいですのでぜひチェックしてみてください。

  • 上眼瞼挙筋→おでこの横ジワ対策
  • 眼輪筋、皺眉筋、鼻根筋→下まぶた、眉間のシワ対策
  • 口輪筋→ほうれい線、マリオネットラインのシワ対策

表情筋を鍛えるトレーニングはYouTube等で調べるとヒットしますので、参考にしてみてください。

まとめ

シワは原因によって

  • 表皮ジワ
  • 真皮ジワ
  • 表情ジワ

の3種類に分けられ、それぞれ効果的な対策が異なることを紹介しました。

男性の場合、シワは年季の入ったいい男を演出することもありますが、ただただ老けて見えてしまってはもったいないですよね。しっかりとケアをすることでシワを最低限に食い止め、いつまでも若々しい状態をキープできるようにしましょう。


関連記事


男性スキンケア人気ランキング


おすすめ記事

カテゴリー