シワ予防のための生活習慣と食事について

加齢と共に気になってくることの多い顔のシワですが、スキンケアによる予防と同じくらい大事なのが生活習慣と食事です。

働く男性の生活習慣は、仕事の付き合いや家族サービスなどで乱れがちです。また、仕事のストレスを軽減するために好きなものを好きなだけ食べてしまっていませんか?

今回は、シワを作らないような生活習慣や食事について紹介していきます。

改善すべき生活習慣

まず、シワを作らないために改善していくべき生活習慣についてですが、

  • スキンケア
  • 睡眠
  • 食事

の3つを重視してください。

スキンケアの方法について

まずスキンケアについてですが、シワを増やさないためにはとにかく「低刺激」を目指しましょう。

男性は豪快に洗う方も非常に多く、低刺激を目指して優しく洗っている方はあまりいないのではないでしょうか。確かに女性よりはメイクをしない分丁寧に洗う意識が低くなってしまうのは分かりますが、それは実はシワの原因になってしまいます。ぜひ、優しく丁寧に洗うことを意識してみてください。

以下、洗顔や化粧水の使い方についてのポイントを見ていきましょう。

たっぷりの泡で洗う

まず洗顔についてですが、ゴシゴシ擦って洗うのではなく、たっぷりの泡で洗うようにしましょう。洗顔フォームを使っている方は泡だてネット等を使用してキメの細かい泡を作り、その泡でフワフワと優しく撫でる感じで洗いましょう。しっかり洗えている感じがしないというからもいるかもしれませんが、泡で洗顔すると汚れはしっかり落ちます。

泡で出てくるタイプの洗顔フォームも売っていますので、泡立てるのが面倒だという人はぜひ使ってみてください。

ゴシゴシ洗ってしまうと摩擦で肌が傷ついてしまい、シワやニキビの原因になります。男性用のスキンケア商品にはスクラブ入りのものもありますが、適度に泡だてないと肌を傷つけてしまいます。特にシワだけでなくニキビに悩んでいる人は低刺激を意識して洗顔することをオススメします。

化粧水は伸ばさず、軽く叩くイメージ

洗顔後に化粧水を使うと思いますが、化粧水をベタベタと塗って終わりになっている方も多いのではないでしょうか?

また、シワを気にして指で伸ばしながら化粧水を使っている方もいると思います。しかし、これは肌にとって逆効果になってしまいます。

シワを指で伸ばすのは肌への刺激になってしまい、肌のハリが失われてしまいます。化粧水は手のひらで薄く伸ばし、肌を包み込むように優しく馴染ませていきましょう。軽く叩きながらなじませるのがオススメです。

UVケアは怠らない!

男性は女性に比べてUVケアが疎かになりがちですが、紫外線は肌の内部に存在するハリを保つ成分を傷つけてしまいます。そのため、シワの原因になります。

春先から夏にかけて紫外線の強い季節となりますが、実は紫外線は1年中降り注いでいるものです。「今日は暑くて日差しが強いから日焼け止めを塗っておくか」では、基本的には不十分です。

理想は季節や天候に関係なく毎日UVケアを行うことです。将来シワを作らないためにも、ぜひ意識してUVケアをするようにしてくださいね。

睡眠について

次に睡眠についてですが、人間の肌は寝ている間にターンオーバーして生まれ変わっていきます。この生まれ変わりの時間で、肌の内部のハリを保つコラーゲンが生成されています。

つまり、睡眠の質を保持することがシワ予防をはじめとする健康的な肌をキープすることに繋がります。

あらゆる健康について「睡眠」は大事ですが、肌トラブルの予防にも超重要なファクターです。では、具体的にどんなことに気をつけて睡眠をとるのがいいのかを見ていきましょう。

起きる時間を一定にする

まず、起床時間を一定にすることです。質の良い睡眠のポイントは「睡眠リズムを整える」ことにあります。睡眠リズムが整っていると熟睡しやすくなり、それだけ肌のターンオーバーも促進され、健康的な肌の維持に繋がります。

これは夜に早く寝れば良いということではなく、あくまでも睡眠リズムを整えることが大事です。夜型の人は起床時間を早くするのではなく、例えば「朝10時に起きる」と決めてそれを継続することで睡眠リズムが整います。

自分の生活リズムに応じて起床時間を決めて、それを継続するようにしましょう。

寝る1時間くらい前にはスマホの使用を止める

寝る直前までスマホを見ていると、強い光の刺激が睡眠の質を下げてしまいます。浅い眠りは肌のターンオーバーの効率が悪くなってしまうため、寝る1時間くらい前にはスマホの画面を見ることは控えましょう。

個人的には、ラジオや音楽を聴きながらゆっくりストレッチをして過ごすのが良いと思います。ストレッチは快眠に繋がるので、ぜひお試しあれ。

最低でも6時間は睡眠時間を確保する

睡眠は量より質であるとはいいますが、最低限6時間程度は睡眠時間を確保するようにしましょう。

肌のターンオーバーにかかる最低時間が約6時間くらいなので、最低でも6時間を確保することでスムーズに肌の再生成を促すことができます。

また、スキンケアに限らず仕事のパフォーマンスを向上させる上でも6時間の睡眠は必須だと思います。どんなに忙しくても確保するように努めましょう。

よく週末に寝溜めするという人もいますが、寝溜めするより毎日リズムよく睡眠をとった方が疲れが溜まりにくく、快眠に繋がります。週末も平日と変わらない時間に起きることで睡眠リズムを作るようにしましょう。

肌の老化を防ぐ食事について

最後に、肌の老化を防ぐ食事について見ていきましょう。肌の老化はシワを作る大きな原因になります。食事に気を使うことでシワ予防につながりますし、健康な身体を作ることに繋がります。

では、肌の老化を防ぐ食事について見ていきましょう。

抗酸化作用を意識する

まず、シワ予防をする上で意識したいのが「抗酸化作用」です。

肌の老化は、肌の弾力を低下させて真皮ジワに繋がります。

抗酸化作用のある食べ物は、以下の栄養素を含んでいるものです。

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

主にビタミンですね。サプリメントでも摂取できますが、できれば食材から摂取することが望ましいです。それぞれの栄養素を多く含む食材は以下です。

ビタミンAを多く含む食材

  • 鶏レバー
  • 豚レバー
  • あんこう肝
  • うなぎ
  • マーガリン
  • 卵黄
  • にんじん
  • 小松菜
  • にら
  • ほうれんそう

ビタミンCを多く含む食材

  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • パセリ
  • ブロッコリー
  • カリフラワー
  • ピーマン

ビタミンEを多く含む食材

  • アーモンド
  • ヘーゼルナッツ
  • 小麦麦芽油
  • ひまわり油
  • 綿実油
  • アボカド
  • あんこう(肝)
  • うなぎ蒲焼き

これらの食材を組み合わせてバランスよく食べると、シワ予防に効果的です。

もちろんここでご紹介した以外の食材にも含まれているので、気になった方はご自分で調べてみてくださいね。

活性酸素を増やさない

続いて、抗酸化作用のある食べ物を摂取すると同時に、その反対に酸化作用のある食べ物を避けることも意識しましょう。

実は、活性酸素を増やしてしまう食品というのがあります。基本的には「ジャンキー」な食べ物全般がそれに該当します。インスタント食品や揚げ物などの脂っこい食事は活性酸素を増やしてしまうので、なるべく摂取しないように気をつけましょう。

もしどうしても摂取する場合は、先述した抗酸化作用のある食材を組み合わせて食べることで肌への負担を軽減することに繋がります。

食事は肌以外の健康面でも非常に重要です。ぜひ、体にとって良いものを選んで摂取するようにしましょう。

まとめ

今回はシワ予防のために改善すべき生活習慣と食事についてご紹介しました。

シワは加齢に伴って目立ってくるものですが、若いうちからシワを予防するために日々の生活で意識しておくことで十分に対策が可能です。いつまでも若々しくいるためにもぜひご自身の生活を見直してみてはいかがでしょうか?


関連記事


男性スキンケア人気ランキング


おすすめ記事

カテゴリー