男性の乾燥肌の原因とケアについて

男性のスキンケアを考える上で重要なのが肌の乾燥についてです。

肌が乾燥しているとどうしても見た目の印象が良くありません。また、清潔感のない男としてみられてしまいがちですし、髭剃りなどでも肌が簡単に荒れてしまいやすくなります。

今回は、男性の乾燥肌の原因と対策についてご紹介します。

男性と女性の肌質の違い

乾燥肌になる原因を見ていく前に、男女の肌質の違いについて見ていきましょう。なんとなく男女で肌質は違うような気がしますが、具体的には以下のような違いがあります。

皮膚の厚み

まず、男女の肌では皮膚の厚みが違います。

一般に、男性の皮膚は女性の皮膚よりも厚みがあります。皮膚に厚みがあるということは、キメが粗く硬い肌ということになります。よく女性の肌を「もち肌」と表現するのは、男性よりも皮膚が薄く柔らかいからなんですね。

また、肌に厚みがあると毛穴が目立ちやすいという欠点があります。これは男性の肌の特徴なので仕方ない部分もありますが、毛穴が目立たなくなるようにケアをしてあげる必要があります。

皮膚が厚いことでシミやそばかすにはなりにくいというメリットはありますが、スキンケアを怠るとシミもそばかすもできてしまいますので、注意が必要です。

皮脂分泌量の差

男性の皮脂分泌量は女性に比べて約3倍ほどあります。

皮脂の分泌量は年齢によっても違うため一概には言えませんが、同年代で比較すれば女性の3倍ほどあるのが一般的です。

皮脂の分泌は肌の潤いを保つために必要なものですが、テカリやベタベタした感じの原因にもなります。肌が脂によってテカリすぎていると相手に不潔な印象を与えることにも繋がります。さらに、ニキビや皮膚炎などの肌トラブルに繋がることも多いです。

10代の若い頃が皮脂の分泌量が多く、ニキビに悩む人も多いですよね。思春期はホルモンバランスの乱れもあって肌トラブルは仕方のないものですが、余分な皮脂を取り除くように洗顔をすることで改善が期待できます。

水分の量

男性の肌の水分量は、女性の肌の水分量の50%以下です。水分量が少ないということは、それだけ肌が乾燥しやすいということです。

肌の乾燥はシワの原因になります。また、シワだけでなくたるみの原因にもなります。

男性の肌は皮脂の分泌量が多く、肌の水分量が減ってしまうと水分を保持するために余計に皮脂の分泌が進むという特徴があります。つまり、肌の水分量を適切にコントロールしないと皮脂によるテカリなどが目立つようになっていきます。

皮脂を落とそうとして洗顔を重視しても水分量は増えないため、余計に肌の乾燥を進める悪循環に陥ってしまうことがあります。

乾燥肌になる外的要因

続いて、肌の乾燥に繋がる外的要因を見ていきましょう。大きく以下の3つが要因となります。

  • 空気の乾燥
  • 紫外線
  • 間違ったスキンケア

空気の乾燥

季節によって空気の乾燥がひどくなってくる時期があります。とくに秋から冬にかけては湿度が低くなり、肌の水分がどんどん外に出て行ってしまいます。

そのため、冬の保湿は乾燥肌を防ぐために非常に重要になります。夏場と同じスキンケアでは不十分なことが多いため、保湿力の高い化粧水や保湿ジェルを使用することで対策を行う必要があります。

男性用の化粧品はさっぱりとした使い心地が重視されているため、ひどい乾燥肌の方は女性用の保湿ジェルなどを使用するのも1つの方法ですよ。

紫外線

紫外線も乾燥肌の原因になります。紫外線は肌へのダメージが大きく、乾燥肌の他にもシミやシワ、そばかすの原因になります。

紫外線は夏に一番強くなる、と思っている人もいると思いますが、実は肌へのダメージが強い紫外線は5月ごろに最も強くなります。5月ごろから夏にかけての紫外線対策は必須です。

男性は日焼け止めの使用率が非常に低いですが、蓄積されるダメージは女性と変わりません。皮膚が分厚い分、多少はダメージが軽減されていますが、加齢に伴ってそのダメージが表面化してきます。40代ごろからシワやたるみとして急に差が出るので、今は全く問題ないと思っている20代〜30代の皆さんも紫外線ケアはしっかりとしておくことをオススメします。

また、紫外線は1年中浴びているものです。可能であれば冬場でも日焼け止めは携帯しておくようにしましょう。

間違ったスキンケア

男性の場合、スキンケアの習慣自体がない方も多くいらっしゃいます。水で洗っておけば大丈夫、ゴシゴシ洗えば大丈夫、化粧水もグリグリ塗り込めば大丈夫、、、と思っている方は、むしろ肌に逆効果になっていることがあります。こうした間違ったスキンケアを続けていると肌トラブルに繋がりますし、結果的に乾燥肌を促進してしまうことになります。

まずは自分の肌の扱い方について正しい知識を身に付け、スキンケアの効果を最大限に引き出すようにしましょう。

乾燥肌を改善するためのポイント

では、具体的に乾燥肌を改善するためにはどのようなスキンケアを行えばいいのでしょうか?

男性の肌の特徴や性質を考えると、まずは以下の2点を守ってスキンケアをするようにしましょう。

保湿ケアは朝晩2回は必ず行う

まず保湿ケアのタイミングですが、朝と晩の2回は必ず行うようにしましょう。

朝にシャワーを浴びたり顔を洗ったりする方がほとんどだと思いますが、そのタイミングで保湿ケアも十分に行うようにしてください。夜は結構肌が乾燥してしまうので、朝に保湿を行うことで1日の肌のバリアを作り直すことができます。

また、仕事や学校から帰ってきた夜も保湿を行うようにしましょう。その際、洗顔も忘れずに行ってください。

外出から帰ってきたタイミングで顔を洗うことは、肌の汚れを落として肌トラブルを予防することに繋がります。まずは汚れを綺麗に落としたうえで、就寝時の肌のターンオーバーを効率的に進めるためにも保湿ケアを十分に行うようにしましょう。

こうして朝晩の2回をルーティンとして徹底すれば、基本的には十分に保湿ができます。

さらに乾燥が気になるという方は、寝る前に顔パックなども使用してみるといいかもしれません。最近では男性でも使用している人が多いため、男性用の大きめサイズも販売されていますよ。

保湿ケアは洗顔後、入浴後すぐに行う

洗顔や入浴後は肌の水分がどんどん蒸発していきます。そのため、水分が逃げないうちにすぐに保湿ケアを行うことが重要です。

また、肌が温まっている状態だと保湿成分が非常に効率的に浸透していきます。洗顔・入浴直後は水分を逃さないタイミングでもあり、効率的に保湿ケアができるゴールデンタイムですので、ぜひこのタイミングを逃さずに保湿ケアを行うようにしてください。

保湿ポイント:化粧水や美容液、保湿ジェルを温めると良い!

先述の通り、肌が温まっている状態だと保湿成分が効率的に浸透していきます。そのため、保湿液を温めることでも効率よくスキンケアができます。

とは言え、電子レンジなどを使って温める訳ではありません。掌にとって馴染ませる過程でゆっくりと温めるイメージをしましょう。

化粧水は頬の内側から外側にかけてゆっくりと馴染ませるように使用してください。男性の場合だと勢いよく叩いて馴染ませる方もいらっしゃいますが、肌へのダメージになってしまいます。あくまでも優しく、低刺激を意識して行うようにしましょう。

まとめ

男性の肌は女性に比べて乾燥しやすいという特徴があります。

また、スキンケアについても不十分な方が多いです。将来のシワやたるみにつながってしまう乾燥を避けるためにも、毎日の保湿ケアを大切にしましょう。


関連記事


男性スキンケア人気ランキング


おすすめ記事

カテゴリー