男性の肌のテカリの原因って何?女性よりもテカリやすいのはなぜ?

男性の中には肌のテカリがひどくて、どうしても不潔な印象を与えてしまっている方もいらっしゃいます。改善の方法も分からず、外出のたびにフェイスシートを多用しているという方もいるでしょう。今回は、肌のテカリの原因について解説し、どんな対策ができるのかご紹介します。

汗と皮脂が1番の原因

まず、肌がテカる1番の原因は「汗」と「皮脂」です。

汗は時期や運動量によって増減しますが、皮脂の量の増減はどういった変化があるのかご存知ですか?

実は、性別や年齢によって異なるのです。

皮脂の分泌量について

皮脂の分泌量にはアンドロゲンという性ホルモンが大きく関係しています。

このアンドロゲンは思春期から成人にかけて多くなり、その後加齢と共に減少していきます。

個人差はありますが、女性の場合は20代がピークになることが多く、男性は20代〜40代にかけて多くなっています。男性の方がアンドロゲンが多い時期が長いのが特徴です。つまり、男性は女性に比べて皮脂の分泌量が多い時期が長いということです。

男性にとっては少々残酷な話ですが、40代を過ぎる頃まではテカリとの戦いがあります。さらに体型や体質によって汗かきの場合は50代をすぎてもテカリとの戦いは続きます。耐えましょう。

皮脂がもたらす肌トラブル

皮脂の持つ役割をまとめると、以下のようになっています。

  • 肌内部に異物が侵入するのを防ぐ
  • 肌から外に水分が蒸散するのを防ぐ

皮脂は肌のバリア機能を司っており、悪いものではないということをまずは抑えておきましょう。あくまでも必要な成分であって、ゴシゴシ洗い落としてしまえばOKということではありません

ただし、皮脂が紫外線や空気に晒されることで酸化が進むと、肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

皮脂の分泌量が適切であれば基本的には全く問題ありません。しかし、分泌量が多かったり少なかったりすると様々な肌トラブルが起きてしまいます。具体的には、以下のようなトラブルが起こります。

皮脂が多い場合

皮脂が過剰に分泌されている場合、皮膚表面の皮脂と水分のバランスが崩れた状態になります。すると、皮脂を好む皮膚の常在菌が増殖してしまいます。

常在菌が増殖すると、

  • 脂漏性皮膚炎
  • ニキビ(尋常性痤瘡)

といった肌トラブルに繋がります。いわゆる吹き出物やニキビができやすくなるということです。

皮脂が少ない場合

逆に皮脂の分泌量が少ない場合は、肌から水分がどんどん蒸散していき、いわゆる乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌になると、

  • アトピー性皮膚炎
  • 乾皮症
  • 皮脂欠乏性湿疹

といった肌トラブルが起きることがあります。基本的には冬などの乾燥する時期に多いトラブルですが、エアコンの効いた部屋などにずっといるような生活だと夏でも発症することがあります

皮脂を適切な状態に保つポイント

では、皮脂の分泌量を適切に保つにはどうしたらいいのでしょうか?

大きく以下の3つのポイントがあります。

  • 清潔に保つ
  • 十分な水分と油分を保つ
  • 物理的な刺激を避ける

清潔に保つ

まずは言わずもがな、肌を清潔に保ちましょう。女性の場合はメイクを落とす際にクレンジング等を行うため、日常的に肌を清潔に保つ意識が高いのですが、男性はそこまで肌を清潔に保つ習慣がありません。

化粧をしていないので、外出先から帰ってきたら手洗いうがいと一緒にぬるま湯で顔も洗っておきましょう。これだけでもある程度は肌を清潔に保つことができます。

こうした軽い洗顔と、朝晩に洗顔料を使用して洗顔をすれば十分に清潔な状態を保つことができます。

十分な水分と油分を保つ

適切な皮脂の分泌量を保つためには、十分な水分と油分が皮膚に保たれていることが重要です。

水分量が少なくなれば皮脂を多く分泌して水分が外に出ないように肌を守ろうとします。結果的に皮脂の過剰分泌に繋がり、肌トラブルが引き起こされてしまうのです。

化粧水や保湿ジェルを使用したケアを毎日継続して行うことで皮脂と水分のバランスを保つようにしましょう。

物理的な刺激を避ける

テカリがひどいからといって皮脂を落とすためにゴシゴシと洗顔をしてはいけません。先述の通り皮脂はバランスが大事です。落とし過ぎればバリア機能を保つために身体が勝手に皮脂の過剰分泌を始めます。

また、肌を痛めてしまうとせっかく肌に本来備わっているバリア機能が低下し、トラブルの元凶となります。洗顔時には泡だてネットなどでキメの細かい泡を作り、優しく洗うようにしましょう。

その他、物理的な刺激の中には紫外線も含まれます。紫外線は肌の劣化を進め、バリア機能を低下させます。これも皮脂の過剰分泌に繋がるため、UVケアは怠らないようにしてください。

まとめ

今回は肌のテカリの原因と、テカリを防ぐためのポイントをご紹介しました。

どうしても不潔な印象を与えてしまいがちなテカリは気にしている方も多いと思いますが、ケアの方法を間違えると余計に悪化させてしまいます。ぜひ、正しいスキンケアの知識を身に付けてテカリを予防するようにしてください。


関連記事


男性スキンケア人気ランキング


おすすめ記事

カテゴリー