男だって唇は潤いが欲しい!唇がカサカサになる原因と対策を紹介!

冬になって空気の乾燥がひどくなってくると、どうしても唇が荒れてきてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

口元は人の印象を決める重要な要素となっています。もしあなたの唇がカサカサしていれば清潔感がないと思われてしまうかもしれません。また、大切なデートの際に唇が荒れていると、色々とチャンスを逃してしまうかもしれません。

今回は、男性の唇が荒れてカサカサしてしまう原因とその対策についてご紹介します。この記事を読んで、男性でも潤いのあるリップを目指しましょう。

肌と比べた唇の特徴

唇は肌と同じように、表皮と真皮から構成されています。

構造自体は一緒なのですが、肌にある皮脂腺と汗腺がほとんどありません。そのため、水分を保持するために肌が形成している皮脂膜をうまく作ることができないため、水分保持が非常に難しいデリケートなパーツなのです。

また、角層も非常に薄くなっています。角層が薄いということは、外部からの刺激に弱いということです。

目立つパーツなのに非常にデリケートな扱いが必要なのが唇です。男性の皆さんはリップケアを軽視しがちですが、そもそも弱い部位なのでしっかりと守る意識が必要なのです。

唇が荒れてしまう原因とは?

さて、唇は非常に弱いパーツであるということを説明しましたが、実際に唇が荒れてしまうのはどういった原因なのでしょうか?

具体的には、以下のような原因で唇が荒れていきます。

  • 外気の乾燥
  • 紫外線
  • 唇を舐めるクセ
  • 口呼吸
  • 就寝時やマスクの着用で擦れる
  • 消化器官の不調
  • 偏った食生活
  • 口唇炎
  • 血行不良

外気の乾燥

まずは外気の乾燥が原因で荒れてしまうことがあります。唇は他の肌に比べてバリア機能が弱いため、一番最初に乾燥の影響が出てきてしまうことが多いです。

冬になって乾燥するだけでなく、例えばエアコンやストーブの使い方を誤って部屋の湿度が低くなっている状態が続けば、同じように唇がカサカサになります。

外気の乾燥といっても、お部屋の乾燥にも十分気をつけ、必要であれば加湿器を導入して乾燥を防ぐようにしましょう。

紫外線

肌にダメージが大きいのが紫外線ですが、唇も例外ではありません。特にバリア機能のない唇は紫外線の影響をモロに受けるため、水分が奪われてカサカサになります。唇の乾燥を防ぐために紫外線対策は必須です。

唇を舐めるクセ

唇を舐めるクセのある人は、唾液で湿らせているから乾燥しないのでは?と思う方もいらっしゃると思います。しかし、唾液が蒸散する時に唇の水分を一緒に奪っていくため、余計に乾燥してしまいます。

唇の内部の水分量が重要なので、唾液で唇の表面を湿らせる行為には意味がありません。唇の潤いを奪う行為なので、控えましょう。

口呼吸

口呼吸は呼吸時に唇に空気が触れるため、水分の蒸散を促進してしまいます。

そのため、唇の乾燥につながってしまいます。慢性的な鼻炎などで口呼吸になってしまっている人はぜひ早めの治療をオススメします。

就寝時やマスクの着用で擦れる

就寝時、無意識のうちに寝返りをうって唇が枕に擦れたり、普段からマスクを着けていて唇がマスクに常に触れてしまっている状態など、唇が擦れることによって荒れてしまうことがあります。

医療従事者の方など普段からマスクを着用しているような方はケアが難しいですが、こまめにリップクリームを塗るなどして対策をするようにしましょう。

消化器官の不調

唇は胃腸をはじめとする消化器官の不調のサインが現れやすいパーツとしても知られています。

特に外気が乾燥している訳でもないのに唇が乾燥してきてしまっているのに気付いたら、まずは消化器官の不調を考えてみても良いかもしれません。

偏った食生活

消化器の不調が唇に出るという話をしましたが、もちろん食生活が偏れば体の不調のサインとして唇に現れてしまいます。

タンパク質やビタミン系が不足していると唇が乾燥してきてしまうことがあります。なお、唇の乾燥がひどくなる頃には肌にもニキビや吹き出物等ができ始め、全体的に栄養バランスが崩れていることがわかると思います。

普段からバランスの取れた食生活を意識することで改善できます。

口唇炎

唇の乾燥だと思い込んでしまう病気のひとつに、口唇炎があります。

その名の通り唇の炎症なのですが、症状としては

  • 赤く腫れ上がっている
  • 大きくひび割れて血が出てしまっている

こうした症状があれば口唇炎を疑った方がいいかもしれません。

口唇炎にはいくつか種類があります。

  • 接触性口唇炎
  • アトピー性口唇炎
  • 剥離性口唇炎
  • 光線口唇炎

こちらは単なる乾燥の症状ではなく皮膚炎ですので、早めに医療機関で診てもらうようにしましょう。

血行不良

唇の血行不良は弾力やハリを低下させます。

カサカサと荒れてしまう原因になるので、血行をよくするように口周りの筋肉を使うようにしましょう。

唇の乾燥対策は何ができる?

上述した乾燥の原因に対して、ある程度の対策をとることができます。特に重要な3点を紹介します。

リップクリームの使用

まず、言わずもがなリップクリームは使用するようにしましょう。使用する際に注意してほしいのは、「乾燥が気になる前に塗っておくこと」が重要だということです。

もちろん唇の乾燥が気になってからでも使わないよりはマシですが、唇に潤いを持たせた状態でキープするためには、唇の内部が潤っている状態で上から膜を作って保護するのが大事です。そのため、乾燥する前に定期的にリップクリームで唇を保湿して保護するのが最も効率よいリップケアとなります。

いつでも潤いのある唇をキープするために、こまめにチェックするようにしましょう。

日焼け対策用リップクリームの使用

紫外線対策の一環として、UVケアができるリップクリームの使用もオススメします。

顔用の日焼け止めを持っているとしても、唇に塗ることはできません。唇は非常にデリケートですので、UVケアのできるリップクリームを使うことで紫外線対策をするようにしましょう。

紫外線は年中浴びているものですが、特に紫外線が強くなる5月〜8月にかけては使用を強くオススメします。また、冬場でもスキーやスノーボードを楽しむためにゲレンデに行く人はUVケアリップを持っていくと照り返しによる日焼けの対策にもなりますので、ぜひ持っていくようにしてください。

刺激物を控える

辛いものなどを食べると、唇がヒリヒリすることがあると思います。こうした刺激物を摂取すると唇へのダメージになるうえ、舐めるクセもつきやすくなってしまい乾燥が進みます。

塩分の強いものやアルコールも同様です。全て控えろという訳ではありませんが、節度を持って摂取するようにしましょう。

まとめ

唇が荒れてしまう原因とその対策についてご紹介しました。

女性は普段から口紅を塗ったりするのでケアをしっかりしていますが、男性は疎かにしがちです。

口元の印象は清潔感に直結するので、ぜひリップケアをして相手に良い印象を与えられるようにしましょう。


関連記事


男性スキンケア人気ランキング


おすすめ記事

カテゴリー